KBCブログ (CADの使い方説明)

BricsCADを中心としたCADの使い方を説明します。

BricsCAD V20 作図画面の変更 ツールバー表示にしたい

BricsCAD V20に関しては、画面回りがガラッと変更されました。
選択されているワークスペースにより画面が変わりますので、変更方法を含め説明します。
デフォルトでは、ワークススペースが「2D作図」となっており、V19までは上に、ワークスペースツールバーが表示されて
いたので、「2D作図(ツーバー)」に簡単に変更出来ていたのですが、V20では表示されていないので、V19でツールバー表示で
使用されていた場合戸惑うかもしれません。

デフォルト画面「2D作図」

f:id:KBConsul:20191113180846p:plain

「2D作図(ツールバー)」

f:id:KBConsul:20191113181014p:plain


「2D作図(ツールバー)」に変更する方法
操作

1.リボンメニューのスペースにマウスカーソルを移動し、マウスの右ボタンをクリックします。
表示されたメニューの中の「ワークスペース」-「2D作図(ツールバー)」を選択します。

f:id:KBConsul:20191113181127p:plain

2.または、ステータスバーのカレントのワークスペースが表示されている箇所にカーソルを移動し、
マウスの右ボタンから、メニュー表示された「2D作図(ツールバー)を選択します。

f:id:KBConsul:20191113181224p:plain

以上

BricsCADの購入は
https://cad.kbconsul.com/index.php?CADkbc_shop_Brics

BricsCAD 図面の保存形式を変更する方法

BricsCADにおいて、dwgの保存形式の変更方法を説明します。

操作

1.図面を作図し、保存する場合、もしくは、保存する形式を変更する場合、通常の保存時に
 図面形式を変更するだけです。メニューの[ファイル]-[名前を付けて保存]を選択します。

f:id:KBConsul:20191113101044p:plain

2.名前を付けて保存ダイアログが表示されるので、「ファイルの種類」の欄の下向き記号を選択し
ファイルの種類を選択します。R12形式にしたい場合は、「AutoCAD Release 11/12 Drawing(*.dwg)を選択します。

f:id:KBConsul:20191113101059p:plain

3.ファイル名を付けて[保存]ボタンをクリックして保存します。

f:id:KBConsul:20191113101120p:plain

図面の受け渡しが必要な場合や、プロキシー図形を削除したい場合などに操作してください。

以上

BricsCADの購入は
https://cad.kbconsul.com/index.php?CADkbc_shop_Brics

2019 BricsCAD カンファレンスが開催されます

毎年恒例の BricsCADカンファレンスが 2019年11月27日(水)
東京コンファレンスセンター・品川 にて開催されます。

今回は、私も参加予定です。また、この時は、東京ビッグサイトにおいて「IIFES2019」も開催(11/27~29日まで)
予定となっています。

BricsCADカンファレンスは事前申し込みが必要となりますので、以下のURLより登録してご参加ください。

https://www.bj-soft.jp/seminar/201911v20.html



名称:BricsCADカンファレンス ~BricsCAD V20 新機能発表

会期:2019年11月27日(水)
   10:00~12:50 基調講演・全体セミナー
   14:00~17:00 分科会
   17:15~19:15 懇親会

会場:東京コンファレンスセンター・品川
主催:図研アルファテック株式会社
参加料金:無料




詳しくは、下記URLをご覧ください。

https://www.bj-soft.jp/seminar/201911v20.html

懇親会でお会いしましょう。

BricsCAD 円の作図(2つの図形に接する円)

2つの図形に接する円の作図(半径指示)です。

f:id:KBConsul:20191016112150p:plain

●円作図コマンド 2つの図形に接する円の作図(半径指示)

2つの円に接する半径100の円を作図します。

f:id:KBConsul:20191016112256p:plain 1.コマンド選択「接点-接点-半径」ボタンを選択します。メニューの[作成]-[円]-[接点-接点-半径]からも選択できます。
f:id:KBConsul:20191016112347p:plain 2.1点目の円の接線を指示します。
f:id:KBConsul:20191016112440p:plain 3.2点目の円の接線を指示します。
f:id:KBConsul:20191016112551p:plain 4.円の半径100を入力します。
f:id:KBConsul:20191016112646p:plain 5.2つの円に接する位置に、半径100の円を作図します。以上で完了です。

以上

BricsCADの購入は
https://cad.kbconsul.com/index.php?CADkbc_shop_Brics

BricsCAD 円の作図(3点指定)

円の作図方法で、3点を指定して作図する方法です。

f:id:KBConsul:20191016104717p:plain

●円作図コマンド 3点指定

3点を指定して円を作図します。

f:id:KBConsul:20191016104801p:plain 1.コマンド選択「円の3点」ボタンを選択します。メニューの[作成]-[円]-[3点]からも選択できます。
f:id:KBConsul:20191016104849p:plain 2.円の1点目を指示します。
f:id:KBConsul:20191016104946p:plain 3.円の2点目を指示します。
f:id:KBConsul:20191016105026p:plain 4.3点目を指示して入力完了です。

以上

BricsCADの購入は
https://cad.kbconsul.com/index.php?CADkbc_shop_Brics

BricsCAD 円の作図(半径指定)

円の作図方法はいくつかあります。
そこで、代表的な半径を指定する作図方法の説明です。

f:id:KBConsul:20191010113559p:plain

●円作図コマンド 中心点-半径指定

半径50mmの円を作図します。

f:id:KBConsul:20191010113711p:plain 1.コマンド選択「円の中心-半径」ボタンを選択します。メニューの[作成]-[円]-[中心-半径]からも選択できます。
f:id:KBConsul:20191010113804p:plain 2.円の中心点を指示します。
f:id:KBConsul:20191010113847p:plain 3.円の半径を入力します。この時円の中心に青い入力枠が表示されていない場合は、「ダイナミック」入力をONにしてください。
f:id:KBConsul:20191010113927p:plain 4.「Enter」で入力完了です。半径50の円が作図できます。

以上

BricsCADの購入は
https://cad.kbconsul.com/index.php?CADkbc_shop_Brics

BricsCAD V18 平行線の作図(オフセット)

BricsCADで作図にあたり、平行線を作図する方法です。
いろいろな方法がありますが、オフセットコマンドを使用した方法を説明します。

f:id:KBConsul:20191010102904p:plain

今ある線を距離を指定して平行に作図することができます。

●オフセットコマンドを使用したライン作図

1つの斜め線に100mm離して同じように線を作図します。

f:id:KBConsul:20191010103015p:plain 1.コマンド選択「オフセット」ボタンを選択します。メニューの[修正]-[オフセット]からも選択できます。
f:id:KBConsul:20191010103057p:plain 2.コマンドラインにオフセット距離を入力と表示されるので、100と入力し「Enter」をクリックします。
f:id:KBConsul:20191010103137p:plain 3.コマンドラインに「図形を選択」表示されるので、オフセットしたい図形を選択すると、カーソルがある方向に100mm離れて図形が表示されます。どちら側に作図したいか、カーソルで選択します、両側に作図したい場合は、「B」を入力します。
f:id:KBConsul:20191010103219p:plain 4.今回は、右側に作図してみますので、右をマウスでクリックします。再度、図形を選択すると、その図形から100mmの位置に作図できます。終了する場合は、「ENTER」で終了です。

以上


BricsCADの購入は
https://cad.kbconsul.com/index.php?CADkbc_shop_Brics